転職を希望される方の多くが、これまで自身が働いてきた業界を志望します。

 

 これは、ある意味当たり前のことで、本人としてもその業界で働いてきた経験や身に付けたスキルを同じ業界で活かすことができますし、採用する側の企業としても同業界で働いた経験のある人を優先的に採用したいと考えることが一般的です。

 

 ただし、「自分は○○の業界で働いてきたから、次の転職先も絶対に○○の業界でなければいけない」といったように業界へこだわり過ぎるあまり、視野が極端に狭まってしまうことは避けるようにしなければなりません。

 

【おすすめサイトのご紹介】
「高卒におすすめ転職成功で失敗しないコツ」
高卒転職サイト

 

 

 転職を目指す際には、一般的に転職エージェント等を利用されるかと思います。そこでは、専任のキャリアコンサルタントが付いて転職をサポートしてくれるケースも多いですが、この際キャリアコンサルタントは利用者の適性や経験を考慮し、様々な求人を提供してきます。

 

 当然、その中にはこれまで自身が経験していない業界の求人も含まれていることも珍しくありませんが、そこですぐに拒否反応を示してしまわず、じっくりと求人内容や業界・企業の概要等を調べ、自身にマッチするか否かを考えることが重要です。

 

 もちろん、全く興味の湧かない業界へ転職する必要はありません。ただ、こだわりのあまり幅広い選択肢を無為にしてしまうことは本人にとっても非常に大きな損失ですので、その点については心に留めておいて欲しいと思います。