あなたは転職活動を何月に始めることが良いかご存知でしょうか?答えは10月です。このことは、転職業界では一般的であり、転職しようと考えている方も多くが10月を目処に転職活動を開始します。
ですが、なぜ10月が良いのかという点については、知らずに「周りが10月から活動を始めているかた自分も10月から」という方も少なくありません。以下では、なぜ10月スタートが良いのかという点について具体的に説明していきたと思います。

 

1.下半期の計画が固まる時期
10月というのは、上半期の業績等を総括して下半期に向けた企業活動が本格的にスタートする時期です。そのため、下半期にはどんな事業を実施して、どの程度人員が必要なのかといった具体的なスケジュールや案も固まってきます。
そのため、10月になると一挙に求人が出されることが多いのです。

 

2.スケジュールが立てやすい
10月以降は、年末までまとまった連休が少ないため転職者としてもスケジュールが立てやすい時期の1つです。人の移動が激しい春先やGW、夏休みの時期などは企業側も人手不足などで転職への対応が十分に行えないことも多く、想定していたスケジュールと大幅にズレてしまうことも珍しくありません。
そうした意味で10月から転職活動をスタートすると、比較的予定がズレることなく活動をこなすことができます。

 

3.ボーナスとの折り合いが良い
10月に転職活動を開始した場合、実際に転職先に勤め始めるのは1月後半から2月中ほどになることが一般的です。
そのため、現在勤めている会社の退職と交渉を進めていけば、冬のボーナスを貰って退職することができる可能性も高く損をすることなく転職を実現できると言えます。

 

[pickup]
翻訳 転職
翻訳業の転職ならここから!

 

JCASTニュース