転職をする時には、今度は思い描いた会社で働きたい、あんなことはもうないように、といろいろ希望を持っているとは思いますが、なかなかうまく行かないことはありませんか?

 

うまく行かない一番の原因は面接にあると言っていいでしょう。会社探しも確かに大変ですし、早く決めたいという気持ちもあるでしょうが、面接で間違えてしまうと希望に添わない仕事をすることになり、より長い時間つらい思いをしてしまうかも知れません。
早く決めたいという気持ちから、上手くを採用してもらえるように、と思ってしまうかも知れませんがいけません。転職とは継続的なものです。一度売ってしまえばその後のことを考えなくて良いわけではないのです。

 

35歳転職

 

しかし、それは相手の面接官にとっても同じです。早く人材は欲しい。けど、すぐ辞められても困る。ただし、面接官の方が経験回数が多いだけ上手です。会社の要望に合うかどうかを短い時間で調べにくるでしょう。

 

そこで、事前に自分の要望と相手の要望を一覧にしておいて、面接中にチェックしていくのです。新卒の場合、ポテンシャルを見るために挙動などを見るかもしれませんが、転職では実用性を見るために、そういった現実的な仕事術は好評価されるはずです。ただし、カードと一緒で手の内を見せてはいけません。自分の優先する要望から一枚ずつ出していくのです。優先度の低いものや妥協できるものは敢えて出さないのも手です。

 

教えて!ウォッチャー:35歳を過ぎると転職できないって本当? - goo 求人&転職

 

相手の要望は面接で明らかになることもあるでしょうから追記もしましょう。自分の要望は相手に伝えられているはずですし、一覧を見れば会社側の要望も明確になっているでしょう。