在職中に転職先を見つけておきたいけど、今の勤務状況では転職活動もままならない、なかなか良いところが見つからないなどがある場合、自分の周囲にあるツールを上手く使いこなすことで転職活動を潤滑に進めることができます。

 

時間を上手く使いながら上手に転職するツール

人材紹介会社を利用する

 自分が受けたい会社を見つけてから、募集要項をチェックし面接を受けるのもひとつ手ですが、人材紹介会社では一般的には求人を出していない、いわゆる非公式の求人情報から希望に合いそうな求人を選んでもらうことができます。

 

転職コンサルタント会社経由でのヘッドハンティング

 web上には沢山の転職コンサルタントが沢山あります。そこに登録しておけば、これも担当者が斡旋してくれますし、履歴書を登録しておくとあちら側から、こちらにヘッドはンティングしてくれることもあります。今まで技術職の仕事をしていた方は特に、より良い人材を確保するためにヘッドハンティングをしている企業も多いですし、その分給与も高めなことが多いので、まずは登録しておくことをオススメします。

 

 

友人知人、親からの縁故転職

 縁故と聞くとあまり聞こえがよくないかもしれませんが、会社の給与や待遇などを入社前から直接聞けますし、会社の内情を理解した上で入社できるので、ある意味最も合理的な転職方法でもあります。その分、友人や知人の顔を潰さないように気をつけながら勤務する必要がありますが、人間関係のしがらみからもしも辞める事になった場合、辞めにくくなることがありますので、転職活動に切羽詰った状態の時の切り札にておいた方がよいでしょう。