活動前にありがちな転職希望者の思い込み

 今の職場になんらかの疑問や不満を持ち、転職はおぼろげながらに考えていても、その思い込みから行動に踏み出せない方が数多くいらっしゃいます。その思い込みで特に多いものが、資格やスキルがないから転職活動をしても自分は不利になるという考えです。たしかに資格やスキルは持っているにこしたことはないでしょう。しかし、実務において、使えない資格やスキルをいくつも持っていても転職に有利にはなりません。企業はその採用ニーズにおいて、ピンポイントで人材を確保したいわけで、即戦力につながらない資格やスキルはあまり意味がありません。それよりも、それまで行なってきた職務経験の中で、何が次の企業に役立てるかをじっくり考えて、まずは行動すべきでしょう。

 

企業を選ぶ際や応募の際の転職希望者の思い込み

 自分の棚卸しも終わり、やりたい仕事もわかりだし、企業を選ぶ段階でも、転職希望者によくある思い込みはあります。それは、大企業は安定し、ベンチャー企業は不安定というものです。たしかに歴史や実績がある分、大企業は安定しているようにも思えますが、このご時世、大企業のすべてが安泰である保証はどこにもありません。また、ベンチャー企業でも、年々その存在感を増し、力をつけていく会社もあるのです。冷静に企業研究を行い、自分のやりたいことが叶う会社はどこなのかを見極め、あまり思い込みに流されないようにしましょう。頑張ってください。