転職の一番手は公務員

 転職市場で今なお人気なのは公務員です。しかし、公務員に転職するというのは至難のワザだということを理解していない方が非常に多いのです。その理由としては、勉強が必要であるということ、職域が細かく決まっているということを知らない方が多く、転職が上手くいかないことがあります。

 

甘く見て失敗しやすい公務員試験

 面接重視になっているとはいえ、地方公務員の試験でも筆記試験で占める得点というのは大きいのです。さらに、地方公務員は自治体にもよりますが採用者数は少数です。仕事も勤めている人のレベルを甘く見て転職しようと思われていますが、思った以上に転職が難しい業界なのです。

 

退職してから勉強するというのは危険

 公務員試験を勉強するためには予備校に通うことが合格の近道です。とはいえ、予備校に通うには仕事と両立はなかなか難しく、退職してから予備校に通う人がいます。はっきりと言いますが、かなり危険な賭けになることを理解しておきましょう。公務員試験は、社会人からいきなり対応できる試験問題もあります。それは、他の受験者にも同じなのです。そんな中で自分が上位に行けるということは難しく、実力以上に運の側面が強くなっているのです。だからこそ安易な公務員への転職を考えるのは辞めておきましょう。