これからの転職者には語学力が必要な時代となりました。今までの企業は外国との取引を考えている事が少なく業種の生産に携わっている事で無難でしたが世界的な不況で、生産だけに携わっているだけでは外国との競争に生き残れないという厳しい状況の時代に突入しました。

 

語学力は英語を言いますが世界の取引は英語が公用語になっている事から世界に目を向けるとなりますと英語力が必要になります。我が国は、この英語力が無い事から致命傷になっています。世界の貿易は今日まで英語を使った取引が行われていますが国さえも英語力に目を向けないという事が戦後の問題になっています。

 

戦後の我が国の発展は独自の発想で生産力を伸ばして豊かな先進国の仲間入りが出来るようになりましたが、その一部の企業は英語力で今日の我が国の生産力を海外で販売でき外貨を稼いだために黒字国になったのです。

 

国内だけの販売では黒字国になれません。その事を国自体も理解し、近年は英語力がないと太刀打ちできない事が身を染みて感じたようです。国は企業の税金で成り立っていますので、この不景気の問題を考えない政治家はいないという事になってきました。その問題は英語力にあるのではないかと気づきましたので英語力に力点を置くようになりました。しかし世界の経済は不況で我が国の製品が売れなくなってきたことです。製品自体は悪くないのですがニーズに応えていない事が製品の売れない問題であります。

 

我が国の独創的な製品造りの時代は古く、世界規格の製品でないと売れないという事になりました。それには世界規格に合わせる必要がありますので、現代になり徐々に世界規格に合わせるようになってきましたが出遅れている感じは否定できません。

 

世界の感性と英語力が必要である事が近年になり、ようやく目覚めた事になりますが資本主義の終焉を迎えている事と同時になりました。しかし製品の作りの世界的な感性と英語力は欠かすことはできません。新卒者でも厳しい時代になっていますので転職者では即戦力が無いと仕事が無い事が判断できるはずです。

 

中高年の仕事探し情報
http://xn--40no1-r83dp81r5qa8dw22u.net/
40代からの仕事探しには何を利用するのがベストな選択?