転職活動を行なうにあたり、まずやらなくてはいけないことが職務経歴書の作成です。中途採用では、この職務経歴書の内容が重要な合否の判断基準となるといっても過言ではありません。

 

しかし、重要であることはわかっていても、そもそも履歴書と職務経歴書の違いがよくわからないという方もいらっしゃいます。

 

まず、履歴書の記載する内容ですが、履歴書はご自分の氏名や連絡先、学歴、職歴、賞罰等を書き、趣味や特技、資格なども記入します。いわば個人情報に当たるのが、履歴書と言えるでしょう。

 

一方、職務経歴書の記載する内容は、その名の通り職歴がすべてです。体裁としては年月を見出しにしてまとめていく編年体式や、職務や職歴が見出しになっているキャリア式などがありますが、形式に関してはご本人の自由です。

 

なにを志望企業にアピールすべきか、自分の強みは一対どこにあるのか等を冷静に分析した上で、本当にアピールすべき項目やポイントを抜き出して、有利になるように記載するとよいでしょう。この点では履歴書の場合、自由がきかないため、定められた項目に従って記載することになります。

 

履歴書の場合、学歴や職歴欄などは各メーカーとも大体同じですが、裏面にあたる趣味、特技、資格、志望動機などの欄は、各メーカーで少しずつ違います。あまり思い浮かばない項目を無理に書くくらいなら、書きやすい項目が記載してある履歴書を買った方が、無駄に考える時間を使わず済むでしょう。

 

おすすめサイト紹介
29歳の転職の秘訣
29歳の転職活動方法

 

そして履歴書が事実をありのままに書くのに対し、職務経歴書は事実を記載した上で積極的に自己PRもしていきます。経験した職歴から何を学び、今後何ができるのか、そうしたことを職務経歴書ではまとめていきましょう。