面接と言うのは転職を左右する多くな要因です。良く聞かれると言われる、転職の理由ではどんな
答えが好印象を与えるのでしょうか。

 

当然理由が無ければ人は転職しません。仮にいたとしても、特に理由はありません、なんて答えたら
好感を持ってもらう事は出来ませんね。正解と言うのはありませんが、逆に言ってはいけない事は
あります。あまり正直に答えすぎるのは問題です。

 

多いのは、前の仕事でこういう所がダメだったので転職したい、と言う理由です。実際の理由と
しては多そうな感じですが、これは良くないでしょうね。単純に会社の悪口になってしまう事が多く、
ダメな事があると転職を考える人と思われてしまいます。パーフェクトな会社がありそこを選べるなら
結構な話ですが、実際にはどんなに良く見えてもダメな部分はあります。望んだ部分は解決されても
その他の不満で辞められても困ってしまいますね。

 

好感を持ってもらえるものとしては、今よりも前に進むための理由が良さそうではあります。
一般的にはキャリアアップなんて言われますが、そこまでの必要も無く、新しい仕事への意欲を
伝える事が出来れば十分でしょう。この会社はこういう事をしていて、どうしてもそれをやってみたい
などの、前向きの理由は好評価の傾向が高いですね。

 

何でも言い方で相手への印象は変わって来ます。内容的には同じことを言っているのに、言い方を
変えたら180°印象が変わるなんてこともあります。普段からポジティブな言い方を練習して置けば
わざわざネガティブな言い方、言い回しになってしまう事も防げます。転職の理由だけでは無く、
面接全部に言える事です。

 

おすすめ情報
転職40代向け求人サイトランキング
40代への転職サイト情報

 

何か特別な理由でも無い限り、この質問は面接官も聞きたい所です。この質問に笑顔で前向きに
答える事が出来れば、面接を成功させる確率も上がるでしょう。