転職においての書類選考を通過するために大事な事についてお話します。履歴書の志望動機が重要な事はみなさん知っていると思います。個性的な志望動機つまり採用担当者にとって興味を持つような志望動機の場合はプラスになってきます。よく転職関係の本などで志望動機の例も記載されていますけど、その例をそのまま使用したり、同じような文章にしてしまうとありきたりな文章になってしまいがちです。

 

 そうではなくて、あきらかに自分で考えて書いた文章にするようにします。採用担当者はありきたりな文章ですとどれだけすばらしい内容でもスルーしてしまう可能性があります。

 

 次に職歴についてですが、働いていない時期がある場合は当然空白になってしまいます。ただ、空白期間があると正直あまり良く評価してくれないです。そこでその部分には空白期間何をしていたのかを書いておくと良いです。例えば資格の勉強、ボランティアなどをしていたのなら記載しておくと採用担当者の方も納得してくれます。できるかぎり空白のまま何も記載していないという事がないようにします。

 

【関連情報】
30歳 転職
30歳は転職をするのに最適な年齢です!

 

 後、履歴書には資格を取得していたらその資格を書ける部分があります。持っている資格は面接に行く企業にあまり関係がなくても書いておくと良いです。ただし、3級以上のものを記載しておきます。基本的に資格は3級以上が評価されるので、4級などは記載しなくても良いです。以上が書類選考に通過できるようにするための履歴書の書き方になります。